フランクリン手帳ならフランクリンプランナー 日本未発売システム手帳サイト


カテゴリー:気づき

常識を変えてみる

パートナーが風邪をひき、あてにしていた仕事がやってもらえず

自分で全やるはめになった。

月末ってなにかと忙しい。

自分の目標設定も月末に期限をつけている。

次回から月初に期限をもうけるか?

当たり前に出来ること

当たり前のこと、わりとカンタンに出来るモノでも継続してやるとなると難しいものです。

部屋の片付け、運動、ブラインドタッチの練習、早寝等々

いいと分かってやろうと思ってもなかなかやれていません。

だからこそ出来ている人とは差が出てしまうモノだと思います。

相手に価値感を渡さない

「自分がどう見られているか気にしない。」

これは言い換えると「相手の価値観で生きない。」ということ。

昨夜読んだ本でなるほどそうだそうだと納得したのに、

今日の午前中、お断りをしなければならない状況になり

クライアントの反応を早速気にしてしまった。

本のノウハウはみんなが真似する。

サラリーマンを辞めた頃ノウハウ本にはまっていった。

なにか商売をてっとり早く上手くいくような方法を探していた。

いくつかは試してみたもののその本は私がだけが読んでいるわけではないので

結局競合していく。

読んでもやらない人は本を読まないほうがましなんて思っていたけれど、

ノウホウ本に書いてあることの真逆をやる、本に書いてあること以外のことをやる。

これが本当のノウハウ本の生かし方かもしれない。

気づきなんて本人にしか・・・

私は「気づき」などというものを時々書いていますが、

昨日友人からこんなことを気づいた

と息弾ませて聞かされた。

しかし、本当のところは本人しか分からないんだなと思った。

もちろん参考にはなるけど。

少し冷めた感じではあるがこう答えた。

「本当のところはおまえしか分からないだよな」

調子を合わせるだけなら「うんうん分かる分かる」なんて言うところだが・・・・

その人と永く誠実に付き合っていくなら調子を合わせているだけではこっちも疲れる。

本人は理解してくれたようだ。

個性を生かす

「俺、芸能界に馴染めなくて・・・・」

「馴染んでどうする?自分の個性は自分で守れよ。」

これは、オイカワミツヒロ氏が悩んでいたときの忌野清志郎氏の答えだそうだ。

先週のFMラジオで耳にした。

サラリーマンならある程度馴染むことが必要だと思う。

私はあまり馴染めないままリーマンを長いことやってきた。

リーマンを辞めたら今度はリーマン時代の癖が抜けきれないで

仕事をやっているような気がする。

自分の個性を大事にしよう。

セルフイメージなんだな

自己イメージ、セルフイメージとはよく言ったもんで

自分がどんな人間かは自分が一番わかっている。

というか「自分はこういう人間だ」と限定している。

そのイメージどおりに結果が出るし相手も接してくる。

メンタル講師奥山氏から日記からヒントを頂きました。

過去にこんなことがありました。

海外セミナーの帰りです。

当時セミナー漬けだった私は自分の精神状態は非常に良い状態だったようです。

そしてセルフイメージも高かったのでしょう。

成田におりてから東京で一泊すると実家には戻らず、こんどは東京のセミナーに

参加しました。もう5年以上も経って当時そこで会った人から聞いた話しです。

「もう悠々自適に生きている人だと思った。」と言われました。

5年以上後その人のビジネスノウハウセミナーに参加した時のことでした。

まだまだ私は発展途上ではありますが、これからドンドン前に進んでいきます。

自分のことをどんな人間か思うこと大事ですね。

震災後の変化

震災後の変化は建物などの物理的なものだけでなく人の心まで変えてしまう。

そんなことを目の当たりにした。

その人に震災前最後に会ったのは2008年頃

あの頃は働くこと稼ぐことばかりに集中していたように見えた。

その人に久しぶりに連絡をとると・・・・

すっかり別人のようになってしまっていた。
「今パートタイムで働いている。あの仕事は今は殆どやっていない。お金お金とは考えなくなった。」

その人の海岸線にある故郷は津波で殆ど全てが流された。

住まいこそ海岸線から離れていたから助かったものの
150メートル手前くらまいまで津波が迫っていたという。

あれから一年以上経ちようやく何もない故郷の地をみても涙しなくなったという。

震災は人の価値まで変えてしまう。

自分自身の問題

先日旨いと思ったコーヒー豆ですがあれから続けて飲んでいました。

あの時飲んだ味とは違うのですね。

「こんなはすじゃなかった。」と思いながら飲んでいました。

1,コーヒーの酸化が始まった。

2、自分の体調の違い

3、コーヒーのおとし方の違い

今日はそれでも旨いと感動した味に近いです。

こんなことがコーヒーのみならず世の中の出来事で起きているんだと思う。

「その人はそんなことを言ったつもりじゃないのに相手すごい憤慨」

「世の中が明るく見える」「世の中が暗く見える」

「しかられているように感じる」

「失敗する気がしない」「うまくいく気がしない」

このような感情や状態は自分自身の問題で起きていることが多い。

コーヒーが旨く感じること。それはコーヒーそのものだけが要因ではない。